• あるサポーターの生活
    • ホームスタジアムに通いやすい場所への引っ越し
    • 試合のある週末に向けて、地元でやる準備
    • 日本各地への移動で貯まったマイルを住まいに活かす
    • Jリーグチームのある町の情報に詳しくなる
    • 全国各地のサポーターとの交流
    • J2降格は、生活の基盤を揺るがす大問題
    • サッカーを通じて、世界の地域情報にも詳しくなる
  • Jリーグ各チームの地元活性策に賛同した生活
    • 百年構想と地元活性化
    • 各試合会場の近くで、お金を使う
    • 地域色豊かなイベントに参加する
    • 各地元産業のPRを見て、商品を買う
    • 子供をユースに入れる
    • Jリーガーとともに、地元で働く
    • ヨーロッパに学ぶ、サッカー文化中心の街づくり

サッカーお好きですか?

地元とともに、生活の全てをJリーグに捧ぐ

世界というレベルで見たときサッカーは20世紀、21世紀において最大の人気と影響力を持つ球技であるとして間違いないと思います。しかしながら日本では長いこと野球が幅を利かせ、今でもNo.1スポーツとまでは言えないのが現状ではないでしょうか。

しかし、若い世代を中心に始まったサッカーブームは続いており、野球には衰退の兆しがある中で、将来的にはNo.1スポーツとなるでしょう。ただしその為には現在厚いファン層を形成している30代あたりの社会的経済的地位が向上してくる必要があります。

Jリーグの魅力は何と言っても地域密着のスポーツであることです。実は今でこそ各分野で使われる「地域密着」という標語を最初に使い出したのは一節によるとJリーグなのだという話です。

またプロ野球と比較してみますと、プロ野球チームの殆どが企業の冠を背負い企業を軸に動いているのに対し、Jリーグのチームは原則として企業名をチームに付けることが許されず、地元「地域」を背負って活躍しているのが分かります。

今回はサッカーチームのそんな地元貢献に対する恩返し、サッカー愛と郷土愛とを調和させた暮らしについて考えます

地元とともに、生活の全てをJリーグに捧ぐ

あるサポーターの生活

良いサポーターでありたいから頑張ってます。

Jリーグ各チームの地元活性策に賛同した生活

ホームタウンに住んでいるなら、あなたも一人の地元民です。

地元とともに、生活の全てをJリーグに捧ぐあるサポーターの生活Jリーグ各チームの地元活性策に賛同した生活サイトマップ